トップページ 会社概要 経営理念 業務内容 所員紹介 アクセスマップ セミナーご案内
月刊 花みずき

〈熱中症警戒アラート〉
 
〈スタンディングワーク〉

〈一粒万倍〉



月刊 経営一番

安蒜会計通信~経営一番U~VOL.008








業績31の原理

 

  ♦熱中症警戒アラート 


〜熱中症警戒アラートとは〜
 環境省と気象庁は7月から、熱中症の危険性が極めて高い場合に、熱中症警戒アラートを発表しています。
 気象庁が4月に公表した熱中症対策に関するアンケート結果によると、多くの人が気象情報をテレビやスマートフォンなどで確認していることがわかりました。また、テレビで「高温注意情報」が表示されているときに、暑さ対策をとろうと思う人が多いという結果でした。さらに、アンケートと同時に行ったヒアリング調査によると、「熱中症対策については具体的な対策行動とセットで情報提供するほうがよい」、「情報が出すぎると効果が薄れる」、「対策の呼びかけはシンプルな内容のほうが良い」などの意見が多く聞かれました。
 そこで環境省と気象庁は連携して、熱中症の予防対策に効果的な情報発信についての検討を行い、新たな情報提供として「熱中症警報アラート」を開始することになりました。
 今年度は、試験的に関東甲信地方の1都8県で7月1日から10月28日の期間、試験的に実施され、来年から全国で本格運用を行う予定になっています。

〜発表の基準と方法〜
 従来、気象庁では高温注意情報により、環境省では暑さ指数(WBGT)などによって、熱中症についての注意を呼びかけていました。熱中症警戒アラートは、このうち熱中症の発生と相関が高いWBGTを発表の基準にしています。
 WBGTは、気温と湿度と輻射熱の3つの要素から算出される指標で、単位は気温と同じ「℃」が使われます。特に湿度によってWBGTの値は大きく変化します。WBGTの実測値と予測値については、環境省や気象庁のホームページで確認できます。
 熱中症警戒アラートは、1都8県のうちどこかの地点でWBGTが33℃を超えると発表されます。気温が33℃で発表されるわけではありませんので、注意が必要です。発表は、前日の17時と当日の朝5時ごろに都県単位で行われます。
 なお、一度アラートが発表されたあと、その後の予報で基準を下回ることになったとしても、「気づき」を促すことがこのアラートの目的なので取り下げることはしないようです。

〜アラートが発表されたら〜
 熱中症警戒アラートが発表されるということは、熱中症の危険性が極めて高くなることを意味しています。そのため、不要不急の外出はできるだけ避けて、エアコンなどが設置されていない屋内外での運動・活動は中止や延期をしましょう。高齢者や子どもなど、熱中症になりやすい人には、積極的に声をかけて注意を促しましょう。
 今年の5月に環境省と厚生労働省が、「『新しい生活様式』における熱中症予防行動のポイント」を示しました。こちらを参考にして、エアコンを利用することや、マスクをはずすこと、こまめな水分補給などを心がけましょう。

〜熱中症になったら〜
 めまいや吐き気、けいれんなどの熱中症を疑う症状が見られたら、涼しい場所へ避難し、服をゆるめて体を冷やすことが重要です。意識を失っていたり呼びかけに対する反応が悪かったりするときは、すぐに救急車を呼びます。水分補給も大切ですが、意識を失っているような場合は、水分が気道に流れ込む可能性があるので、かえって危険です。
 自力で水分補給ができない場合や安静にしていても症状が回復しない場合は、医療機関を受診しましょう。このとき、状況を知っている周りの人が付き添って、発症時の状況を医療機関に伝えてください。

 

  ♦スタンディングワーク 


 オフィスワーカーの場合、座って仕事をする人が多いでしょう。ほぼ座ったまま一日の仕事を終えると、足がむくんで朝より靴がきつく感じたり、腰が痛くなったりと不調を感じることはありませんか?
 座ったままの状態が長く続くと下半身の血行が悪くなり、様々な病気の罹患リスクや死亡リスクが上がると言われています。
 立ったままオフィスワークを行う「スタンディングワーク」は北欧から広く普及し、日本においても近年は、これを取り入れる会社が増え、健康増進に一役買っています。また、立って仕事を行うことで集中力が増して作業効率が上がるなど、健康以外のメリットもあります。
 ただし、慣れない方が一日中立って仕事をするのはかえって効率が悪くなりますので、まずは会議やミーティングから徐々に導入するのが良さそうです。

 
 

  ♦一粒万倍 


 事業を始める、店を開くなど、何か新しく物事を始める時は、縁起の良い日に行いたいものです。大安や友引など六曜の中から選ばれる他、一粒万倍日(いちりゅうまんばいび/にち)も何事を行うにも縁起の良い日として知られています。
 「一粒万倍」とは、一粒の籾が何万倍にも実る稲穂となるということで、わずかなものが大きく成長することを意味します。
 そのため事業や投資等を始めるにも吉であるとされていますが、借金や物を借りたりすることは凶とされます。本来は、「わずかなことが後に大きく作用するのだから、少しのことも大切に行おう」という戒めの意味を持ちます。
 縁起を担ぐことは大いに良しとして、本来の意味も心に留めつつ日々の仕事に励みたいものです。

               

Copyright (C) 2003 安蒜俊雄事務所 All Right Reserved.